買うには/ブルースター株式会社
Marketing & Biz launch services since 1990
お問合せ
マーケティング コンサルティング M&A投資関連サービス
投資調査 ビジネスデューデリジェンス M&Aアドバイザリー インキュベーション事業
当社仲介事業の特長 M&Aとは 成功の秘訣 買うには 売るには

既存事業にシナジーがある事業を購入する。経営者がその分野に詳しい事業を購入

基本的なことですが、既存の事業ドメインにおける穴をふさぐための買収は大きな効果をあげます。

「隣の芝生は蒼く見える」とは良く言ったもので、自分の知らない産業については、苦労なくばら色に見えたりします。しかし、どの産業においても事業には苦労がつき物で、自分にノウハウのない分野においては失敗がつき物です。失敗を回避するためにはコンサルタントを起用したり、その分野に強い信頼のおける人材を確保したりとコストがかさみます。商圏の拡大、不足している人材の確保、シナジーの高い事業などを積極的に獲得することにより、まさに「時は金なり」で迅速に同業他社に対して優位にたつことができる経営戦略となります。

良い案件は持ち込まれないことを念頭にドアノックする

「良縁は寝て待つ」のではなく、「興味ある相手に熱烈アプローチする」のが事業シナジーや事業補完を行う上で最適な道であると当社は考えています。ただ、やみくもに熱烈アピールをしてしまうと、相手が退いてしまうのは恋愛もM&Aも同じです。 恋愛にエンジェル役がいるとうまくいくように、第三者的な視点で両者の言い分をうまく伝えることことがM&A仲介アドバイザーのひとつの大きな役目であると当社は考えています。

当社は、買い手側のアドバイザーにたった場合には、中期経営計画や企業理念などを時間をかけてお聞きし、理解した上で、その企業文化に沿った形でのM&A遂行を補助すべく、買収対象企業リスト作成しての候補先の洗い出しから、ドアノックに至るまでの戦略・戦術のお手伝いをさせていただきます。

のれん代償却には注意

監査法人をいれている場合には、取得した企業の純資産より多い金額に対して「のれん代償却」を原則的には求められますが、デューデリジェンスの結果による例外があります。また、のれん代償却は税務上一括での損金参入できません。

簿外債務や訴訟リスクを見極める必要性

ビジネス・デューデリジェンス、法務デューデリジェンスを行っても判明しなかった債務や訴訟リスクに対しては、最終的には買収した側が負担することになります。このためにも、買収相手の経営者の人格から、これらのリスクをある程度は読み取る必要性があり、そうしたことは多くの買収しようとする経営者の方には、きっと感じ取ることはできることでしょう。そして、このリスクを可能な限り回避するためにもその分野に強い専門化によるビジネス・デューデリジェンスにより、ネガティブな情報がないか当社のような情報通信分野に強い企業により、広い情報収集を行っておくことが良いと言えます。 例えば、社員時代に問題を起こした人は、経営者になってからも問題を起こす可能性が高いのです。

高値掴みをしないようにビジネス・デューデリジェンスを行う必要性

今後、事業の衰退が見込まれるため、現時点にて事業を売却しようと考える経営者を見極める必要があります。情報通信分野の情報に長けている当社にビジネス・デューデリジェンスをご用命頂き、高値掴みを回避しましょう。

取引先が離反しないように確認をする

ストック型ビジネスにおいて、取引先が離れて売上が落ち込んでは買収をした意味がなくなってしまいます。取引先は、経営者についているのか事業についているのかを見極める必要性があります。

当社の買手側M&A仲介の特長

M&A仲介会社に「売り情報」としてでている案件は、高値案件、倒産寸前の企業で再生不可能な案件など買い手として難題が多い企業や事業部門が中心になっていると、当社は長年の業務経験を通じて感じています。

このため当社は「良縁は寝て待つ」ということはM&Aにおいてはなく、自分が気になる相手先にプロポーズを行うことが重要であると考えています。 自社の事業を補完する候補先リストを作成し、そのリストから「株主関係」「経営者の進退」「近況の経営状況」など多面的に調査し、依頼元企業様に最適であると思われる企業よりアプローチをしてまいります。


M&Aアドバイザリーサービスのご案内 (PDF)

ビジネス・デューデリジェンスのご提案資料 (PDF)

contact