PC Matic

機能がたくさん!
簡単、低価格、専用サーバ不要

様々な新種ウイルスに感染しない安心感と、業務効率向上の両立を
2017年度 感染を1台も出していません。記録更新中

EPP、EDR、RDP、RMM、快適化を統合

EPP、EDR、RDP、RMM、快適化を統合

PC Matic PROは、Windowsパソコンを運用する上で必要な機能をひとつで提供することを最終目標としています。

セキュリティ対策(EPP)、EDR、リモートデスクトップ、RMM(クライアント運用管理)、パソコン快適化(性能低下抑制)を統合的にクラウド提供しています。

世界一と評価されたセキュリティ

世界一と評価されたセキュリティ

ビッグデータを基に、人工知能によって監査し、善良であると判断されたプログラムのみに起動が許可されるグローバル・ホワイトリスト方式を採用。ウイルス、ランサムウェア、諜報ツールによる感染ゼロの記録を続けています。

感染パソコンの追跡調査が可能

感染パソコンの追跡調査が可能

パソコン上でウイルスの多面監査をしないから、パソコンは軽快でアプリ起動も高速。事前監査済の信頼できるアプリのみ起動を許可し、あらゆる新種ウイルスの活動を阻止。未監査のプログラムは、AI技術を用いてクラウド上で多面的に監査されます。この新設計エンジンで高い防御力と軽いスキャンの両立に成功しました。(特許出願中)

IT資産情報の把握

IT資産情報の把握

クライアントやサーバなど社内外のパソコン資産を詳細に把握可能。世界中で利用されているパソコンから平均値を出し、遅くて陳腐化しているかを把握することができ、買い換えの指標とすることができます。

強制自動更新で脆弱性対策

強制自動更新で脆弱性対策

セキュリティホールとなるJava,Flashなどの著名ソフトウェアを最新版へ強制的に自動更新。もちろん除外指定も可能で入札用パソコンもらくらく運用できます。社内へ告知し、実施済の管理をする必要から開放されます。

USBデバイスの不正利用を防止

USBデバイスの不正利用を防止

USBメモリ、SDカード、外付けHDDなどを利用不可とする制御が組織ごと、パソコン単位で指定可能です。パソコンからの情報漏洩を防ぎます。

導入済アプリケーションの把握

導入済アプリケーションの把握

導入済アプリケーション一覧、稼働プロセスやサービスの一覧を取得することができ、不正にインストールされたものがないか実態調査が可能です。これにより、不正なものの発見にも役立ちます。

リモートデスクトップ標準搭載

リモートデスクトップ標準搭載

リモートデスクトップ機能が標準搭載。クリックひとつでパソコンを遠隔操作していただけます。リモートデスクトップツールを別途操作する必要はありません。

パソコンの不正利用防止

パソコンの不正利用防止

会社のパソコンを自宅に持ち帰っての残業や盗難時など、指定場所以外での利用を不正なものとしてパソコンをロックします。盗難防止や不正な残業防止に役立ちます。

Windowsサーバ稼働モニター

Windowsサーバ稼働モニター

Windowsサーバの負荷状態を監視し、無応答やハングアップ時に電子メールで指定先へアラート通知します。24時間連続稼働の必要があるシステムで大変便利です。

添付ファイルで感染しない安心感

添付ファイルで感染しない安心感

送信元を取引先のメールアドレスに偽装することもあり、専門家であっても電子メール添付ファイルの安全性を判断する事は非常に困難になっています。PC Maticなら、ランサムウェアや標的型攻撃を完全に防御することができ、安心して添付ファイルを開くことができます。軍事レベルのセキュリティでスムーズな業務遂行を。

迅速丁寧な顧客サポート

迅速丁寧な顧客サポート

365日 電子メールで迅速に回答します。平日のビジネス時間帯には電話対応し、緊急事態にも対処いたします。また、経理データの入ったパソコンが起動不能になった際には、現地に駆けつけて有償修理を行う手配もいたします。ハード・ソフトの両面で安心してご利用頂けます。

サーバ不要のクラウドサービス

サーバ不要のクラウドサービス

専用サーバ不要のクラウドサービスです。各事業所間のVPN回線も必要ありません。サーバ不要ながらAD連携による端末への強制導入も可能です。管理ダッシュボードをご用意し、利用端末の稼働状況もパソコンやスマートフォンからいつでも把握可能です。

社会インフラ企業に強くお勧め

社会インフラ企業に強くお勧め

電気・ガス・水道・エネルギー・マスコミ・金融・大手メーカ・商社・病院などの社会インフラを支える企業は、サイバー軍や犯罪組織による標的型攻撃の第一位攻撃対象となるため、特にホワイトリスト方式による強固なセキュリティが必須です。サイバーフィールドは、既に開戦状態にあります。

日米共同設計。完全社内開発

日米共同設計。完全社内開発

PC Maticは米国本社の正社員により100%米国内で開発されています。マルウェア分析担当者と開発者が一体となっているため迅速に対応できます。また日本と同盟関係にある米国製品であるため、日本人は安心して利用できます。新たな冷戦のいま、日本へ強硬な態度をとる敵対国製品では、自分を守ることができません。

パンフレット
公式サイトへ