動画広告で配信ターゲットを絞って、効果的にブランディングを。

動画広告とは?

YouTube等で見たい動画を見る前に表示される動画が動画広告です。
動画広告では、文字や絵では伝えられないことがわかりやすく伝えられますので
ブランドの認知力をあげることができます。

パソコン向けに動画配信を行う場合は、右上にコンパニオンバナー広告を同時に表示し、
ホームページへ誘導することができます。

TubeMogulは国内外の動画配信ネットワークでブルースターは指定代理店です。Yahoo Gyaoの動画配信にも対応しています。

動画広告は上記の動画サイトで配信可能です。

動画広告はTVCMと違う

動画配信エリア、性別・年齢、趣味趣向、パソコン・スマートフォン、携帯キャリア、曜日や時間帯など。

動画広告では、TVCMと違い配信対象を絞り込めます。
広告を訴求したい人に見てもらえるので、広告費用を無駄にすることがありません。

配信設定をしてできること

例えば、渋谷駅の半径1キロ以内にいるスマホユーザーに店舗で行っているキャンペーンを広告配信します。
近くにいるターゲットユーザーが興味をもってくれたお客さんが来店してくれることがあります。

1度興味を持っていただけたお客様にメッセージを発信することで最後の一押しをして購買等の目的を達成!

動画広告を最後まで見て、興味を持っていただいたユーザーに対して
ディスプレイ広告を配信することができます。
1度興味をもっていただけたお客様にメッセージを発信することで
最後の一押しをして購買等の目的を達成させることができます。

広告を配信してウザがられないか?

訴求対象となる人に1日に何回見てもらうかを設定することができます。

設定していない場合は、何度も同じ広告が表示されてウザイと思われてしまい
ブランドイメージが下がってしまう危険性がありますので、
この設定を行い適切な接触頻度にすることが重要です。

費用は?

動画の製作費は高いとお思いでしょうが、高価な専用機材が必要だった以前と比べて
現在は、パソコンで作成できるため、安価で制作できるようになりました。
また、動画広告の配信費用は、ご予算に応じて配信する事ができます。
例えば、60秒の動画広告では、4円前後で配信することが可能です。

例:上記の動画制作費:5バリェーション制作で65万円

実績

動画広告とバナー広告を比較!動画広告を最後まで見ていただいて興味を持っていただいたユーザーにバナー広告を配信すると、成果達成数(CV)が増え、顧客獲得短歌(CPA)がグンと下がる!
60秒広告を配信した結果。動画表示回数のうち、17.7%が30秒以上視聴(実視聴)。実視聴のうち8.7%がコンパニオンバナーをクリックしてホームページを訪問。ホームページ訪問のうち2.0%がCVを達成!実視聴者のみにバナー広告をリマーケティング機能で配信。バナー広告のクリック率0.09%。コンバージョン率46.1%。46.1%は驚異的な高さ!
資料をダウンロード